ディープ・パケット・インスペクション?

| コメント(1)

私、極力クッキー拒否しまくってるのに。
そんなささやかな努力も吹っ飛ぶようなお話です。

asahi.com(朝日新聞社):「ネット全履歴もとに広告」総務省容認 課題は流出対策

この技術は「ディープ・パケット・インスペクション(DPI)」。プロバイダーのコンピューター(サーバー)に専用の機械を接続し、利用者がサーバーとの間でやりとりする情報を読み取る。どんなサイトを閲覧し、何を買ったか、どんな言葉で検索をかけたかといった情報を分析し、利用者の趣味や志向に応じた広告を配信する。

こんな話に総務省のほうが積極的だというのだから、わけがわからない。

一方、新潟大の鈴木正朝教授(情報法)は「DPIは平たく言えば盗聴器。大手の業者には総務省の目が届いても、無数にある小規模業者の監視は難しい。利用者が他人に知られたくない情報が勝手に読み取られ、転売されるかもしれない。業者がうそをつくことを前提にした制度設計が必要だ」と話す。

「DPIは平たく言えば盗聴器」。
ですよね・・・ですよね・・・何この気持ち悪さ。
"純粋に"犯罪捜査のためならまだしも。
プロバイダのレベルで営利目的に情報収集するのをおおっぴらに認めちゃうって、どうよ、どうなのよ。

下手すると、ものすごく危険な方向に行っちゃいそうな。
街のあちこちに監視カメラ、どころじゃないレベル。

コメント(1)

遅ればせながら、昨日、自分もDPIについてエントリしたばかりですが、こりゃ、相当やばいと思いますよ。

プロフィール

オカメ飼いです。
カーネーション好きです。

IT系の会社に10数年勤めてましたが、やめて、今はウェブサイト制作やってます。

どうぞよろしく。(nmika)